攻城団がお城をPRするための動画配信支援サービスを開始

各位
プレスリリース

攻城団がお城をPRするための動画配信支援サービスを開始

2020年10月12日
攻城団合同会社

 日本全国の城好き・城めぐり愛好家が利用するサイト「攻城団」を運営する攻城団合同会社(代表:河野武)は、コロナ禍における全国各地の城下町観光を支援するために、あらたに現地からの生中継(ライブ配信)などに対応できる動画配信支援サービスを開始いたします。
 新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大により、ガイドツアーやお祭り、現地調査報告会など各種イベントの開催が困難となった自治体や観光協会、またそうしたイベントを楽しみにされていたお城めぐりファンのために、国内最大級のお城サイトを運営してきたノウハウを活かして、オンラインイベントを通じて両者の橋渡しを実現いたします。

取り組みの背景

 弊社では自治体・観光協会・DMOといった法人団体のお客様向けに「マーケティングサポート」事業をおこなっており、サイト内で制作配信される広告や記事以外にも、コラボレーショングッズ開発やイベントニュースの配信など、現地来訪者を増やしたい地域の課題に対して効果的な企画とプロモーション施策を提案してきました。
 現在、新型コロナウイルスの影響で、人が集まる各種イベントの開催自粛が求められている中、「地域からの情報発信について、インターネットメディア比率を高めていきたい」「バーチャルツアーなどのオンライン企画について相談したい」「地元の魅力を伝えるイベントを現地から生中継(ライブ配信)したい」といった声をいただいております。

 たとえば民間企業においても経済産業省・法務省より、リアルの「場所」をもうけつつ、オンラインでの参加/出欠を認める「ハイブリット型バーチャル株主総会」のガイドラインが公開されたり、ミュージシャンが無観客によるライブ配信を開催するなど、リアルとオンラインを組み合わせたイベントニーズが拡大すると考えています。
 このような状況を受け、ライブ配信を強みとする各パートナー企業と連携することで、月間40万人以上が訪問する国内最大級のメディアとしての告知・集客・ニュース配信機能と、オンラインイベントの企画からロケハン・機材準備・配信、さらにはダイジェスト配信までをサポートする新サービスの開始に至りました。

本サービスの特長

1)オリジナルのコンテンツを企画制作
攻城団が自治体・観光協会・DMOと一緒に地域の歴史資源にスポットを当てた新しい情報発信の場と新たな収益源を提供します。

2)機材や回線など配信に必要な準備をフルサポート
台本作りや事前調査、撮影から視聴チケット販売、プロモーション、配信までを一括でサポートいたします。

3)サイトを通じた告知・集客・ファン化を実現
攻城団が運営する「お城ニュース」やサイト全体の広告枠などを通じてプロモーションをおこないます。配信終了後にはレポート掲載やダイジェストニュース配信も可能です。

4)新たな体験、ビジネスモデルを創出
チケット購入者に物品を事前送付することで配信者と同じものを見たり食べたりしながら視聴するなど、参加型のオンラインイベントを企画・実現いたします。

主なサービス概要

  • オンラインイベントの企画設計
  • イベントの告知集客プロモーション
  • ライブ配信予定地調査、インフラ整備、撮影等機材手配
  • ライブ配信当日の運営サポート
  • 映像編集、コンテンツ配信
  • 運営事務局代行など

告知・集客及び撮影配信体制に応じて、下記3つのプランからご選択できます。

パートナー企業紹介

本サービスは攻城団合同会社と下記企業のパートナーシップのもとサービスを提供いたします。

株式会社NewsTV

ライブ配信当日の撮影及び配信業務、ライブ配信後のコンテンツ作成・動画広告配信を実施

株式会社グレビス

オンライン/オフラインメディアの企画・広告・制作・運用から ライフサポート業務、各種発送代行、事務局運営、まで 幅広く実施

攻城団の状況(6年間の歩み)

「攻城団」は日本の「城」をテーマにしたメディアで、2014年4月6日に正式オープンしました。日本全国にあるお城(城址含む)を検索できるだけでなく、自分がこれまでにめぐったお城の訪問記録を残すことができます。城好き・歴史好きの方が、生涯にわたって利用できるサイトを目指して運営しています。現時点で「団員」と呼んでいる登録メンバー数は約4200人(アクティブ)、約37万回をこえる訪問記録が残されています。また団員が投稿したお城の写真は約19万枚を数えています。現在も利用者数、PVは毎月伸びており、今後はさらに多くの「城好き」が集まるコミュニティに育てていきたいと考えています。
 攻城団では「城主となった武将つながり」など城にまつわるさまざまなストーリーを軸にしたコンテクスト・ツーリズムの実践を通じ、お城めぐりをきっかけとした歴史観光集客支援を、自治体や観光協会、観光業のみなさまへ提供することで、地域経済活性化や文化観光の振興に取り組んでいます。
 またコラムやマンガなどの読み物をはじめ、最近ブームになっている「御城印」情報をどこよりも詳しくまとめるなど、お城を楽しむためのコンテンツを充実させ、お城好き人口の拡大にも貢献しています。

日本の城を観光資源に

「観光立国」が叫ばれ各地でさまざまな取り組みが行われる中、攻城団合同会社は「日本の城は最強の観光資源になる」と考えています。
 また全国の城をただ訪問するだけではなく、その土地々々にまつわる歴史を学ぶことの楽しさを共有し、お城めぐりそのものをライフワークとして一生楽しめる趣味にできるよう、コンテンツや機能を充実させております。
 攻城団では、周辺の城をひとまとめにした観光圏形成の支援のほか、「城主となった武将つながり」など城にまつわるさまざまなストーリーを軸にしたコンテクスト・ツーリズム(*)の実践を通じて、地域活性化や文化観光の振興に取り組んでまいります。
 さらに、いずれは海外版を提供することで、訪日外国人数の増加にも貢献できると考えています。

コンテクスト・ツーリズム

コンテクスト・ツーリズムとは、複数の観光スポットをある文脈(コンテクスト)で繋ぐことで、ストーリー性のある旅をすること。たとえば「織田信長、上洛の軌跡」や「築城名人・黒田官兵衛が築いた城」のように、一貫性のあるテーマで複数の観光地を巡ることを意味します。
コンテクスト・ツーリズムの可能性は、観光産業の活性化に繋がる「旅行のきっかけづくり」が何通りも実現できる点にあり、周辺自治体など各地域が連携しやすくなる点も挙げられます。
コンテクスト・ツーリズムとは

本件に関するお問い合わせ窓口

攻城団合同会社 河野(こうの)
電子メール:お問い合わせ
広報ページ:広報室

お気軽にお問い合わせください

攻城団では常にプロモーションする側(みなさま)とされる側(読者・利用者)の双方が納得し、また最大限の効果を発揮できるよう、細部にわたるまで入念に企画を立案いたします。検討の結果、お断りせざるを得ないこともありますが、まずはお問い合わせください。
また常に新しい取り組みを模索していますので、掲載されていない施策についてもお気軽にご相談いただけますようお願いいたします。
みなさまのブランドを毀損することなく、ファンの拡大につながるように我々にお手伝いさせてください。

問い合わせフォーム